【図解】自己資金のみでMBOをする場合のスキーム

【図解】自己資金のみでMBOをする場合のスキーム

MBOとはM&Aスキームの一種で、経営陣による企業/事業買収を意味します。

MBOのスキームは、買収資金の調達方法に応じて、大きく3つに分けられます。

  • 自己資金型MBO
  • デットMBO
  • ファンドMBO

自己資金型MBOは、経営陣が買収資金を有している場合。

デットMBO(ローン型MBO)は、買収資金を外部から調達する場合で、金融機関から調達する場合。

ファンドMBOは、買収資金をファンドから調達する場合です。

どのスキームを選ぶべきかということについては、【図解】MBOスキームの選び方|自己資金型・ローン型・ファンドをご覧ください。

本記事では、自己資金型MBOのスキームについて整理します。

ローン型MBOファンドMBOのスキームについては、それぞれリンク先の記事でご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

なお、本記事の内容はこちらの動画でもご覧いただけます。

《執筆者》

PEファンド・M&Aアドバイザリーの実務経験があるSoGotcha!(ソガッチャ)スタッフが執筆しました。

自己資金型MBOとは

自己資金型MBOとは?

自己資金型MBOとは、買収資金につき、買い手となる経営陣の自己資金に拠るMBOです。

MBOの他の類型であるローン型MBOとファンドMBOが金融機関・ファンドから資金を調達するのに対し、自己資金型MBOは経営陣の手元資金だけで買収資金を充足する点が大きな特徴です。

自己資金型MBOのスキーム

自己資金型MBOの取引プロセス

MBOは、経営陣が買い手となるM&Aであり、あくまでM&Aの一種であるため、基本的な流れは通常のM&Aと同様です。

株式譲渡を例にすると、自己資金型MBOは、以下のシンプルなステップで実施されます。

  1. 株式の譲渡…売り手は、取引対象である株式につき、買い手である経営陣に譲渡する
  2. 対価の支払…買い手である経営陣は、株式の対価につき、売り手である株主に支払う。 対価は、経営陣の自己資金によって賄われる

以上の株式譲渡の結果として、経営陣が会社の株主となります。

まとめ

以上が、自己資金型MBOの概要です。

本記事は入門的な内容でしたが、より詳しくMBOの全体像を知りたい方は、【図解】MBOとは?活用場面やスキーム、メリット・デメリットなどをご覧ください。

なお、本記事の内容はこちらの動画でもご覧いただけます。

また、SoGotcha!(ソガッチャ)ではオンラインでM&Aの相談を受け付けています。

PEファンド・M&Aアドバイザリーの実務経験があるSoGotcha!(ソガッチャ)スタッフがサポートしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
COMPANY会社概要
CONTACT問い合わせ MATERIALS資料ダウンロード