よくあるご質問 | M&A・事業承継ならSOGOTCHA(ソガッチャ)

FAQ

よくあるご質問




SOGOTCHAについて

- サービスについて ー

Q. SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)の強みは何ですか?

A.

SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は、手頃な価格でご利用いただける月額制のオンラインM&Aアドバイザリーサービスです。一般的なM&A専門家は手数料が高額で、小規模な案件では専門家への相談がしづらいという現状がある中、料金体系やサービス内容を見直し、全ての人が手の届く価格でM&A専門家に相談できる仕組みを実現しました。

Q. まだ検討段階ですが、相談できますか?

A.

はい、お気軽にご相談ください。M&A以外の選択肢も含め、検討する際のポイントや、将来M&Aをスムーズに進めるために今から準備しておくべきことなど、お客様のご要望や状況に応じてアドバイスさせていただきます。

Q. 相談に料金はかかりますか?

A.

初回相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

Q. サポートしてくれる範囲を教えてください。

A.

方針の策定から企業価値評価、取引条件や取引手法、買収監査(デューディリジェンス)、相手方との交渉など、M&Aの検討から成約までの全てのフェーズにおいて、お客様からのご相談にお応えします。

Q. 地方にある企業でも対応してもらえますか?

A.

はい、可能です。SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)はオンラインで完結する全く新しいM&Aアドバイザリーサービスです。地方にお住まいの場合でも、オンラインで迅速に対応いたします。

Q. M&Aを検討していることを周囲に知られずに相談することはできますか?

A.

SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は全ての手続がオンラインで完結するため、アドバイザーとの面談のために往訪したり、来訪を受ける必要はありません。そのため、情報が漏洩するリスクを低減でき、安心してM&Aを進めることができます。

Q. 利用料金はいくらですか?

A.

初回相談は無料です。継続的にご利用いただく場合は、利用期間に応じて月額料金がかかります。なお、着手金・成功報酬は一切いただきません。詳しくは料金体系のページをご参照ください。

Q. SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は、なぜ手頃な価格で専門家のアドバイザリーサービスが利用可能なのですか?

A.

理由は2つあります。1つは、料金体系を月額制にしたこと。多くのM&A専門家が採用している成功報酬型の特徴である「成功した人が、成功しなかった人の分のコストも支払う」という構造を解消し、全てのお客様から均一に手数料をいただくことで、1件あたりの価格を引き下げました。もう1つは、サービス内容を見直し、本当に必要なサポートに限定したこと。小規模な案件にもフィットするシンプルなサービス内容にすることで、手頃な価格を実現しました。

Q. SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)の「クライアントファースト」とはどういう意味ですか?

A.

多くのM&A専門家が成功報酬型の料金体系を採用しているのに対し、SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は月額制の料金体系を採用しています。お客様の成約可能性やその価額と当社の利益とを切り離すことで、企業価値評価にかかる適切な助言や、時にはM&Aの中止を勧めることができるなど、真にお客様の立場に立ったアドバイスが可能な仕組みを実現しました。

Q. 成約前に料金がかかるのが不安です。

A.

SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)では、継続利用のプランとして1ヶ月と3ヶ月のプランがありますが、いずれも契約期間単位で解約が可能です。解約の際も、期間満了の前々営業日までのご連絡で間に合います。また、5営業日だけのスポットで利用できるプランもありますので、まずは試しに利用してみるのもおすすめです。

Q. M&Aマッチングサイトで相手が見つかりました。アドバイザーに依頼する必要はありますか?

A.

専門家に依頼することをおすすめします。当事者同士で交渉を進めることも可能ですが、条件面の落とし所を見つけられず、成約に至らないケースも多いのが現状です。M&Aの手法を変更したり、一定の条件を付すことで譲歩したりするなど、テクニカルな対処で解決できる問題も存在しますので、まずはご相談ください。

Q. 既に別のアドバイザーに依頼しているのですが、セカンドオピニオンとして利用することはできますか?

A.

はい、可能です。ぜひ積極的にご活用ください。但し、既に依頼しているアドバイザーと専任契約を締結している場合にはそちらの契約に違反する恐れがありますので、ご注意ください。

Q. SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)の利用の流れを教えてください。

A.

まずは、お問い合わせフォームからお問い合わせください。アドバイザーよりご連絡させていただきます。その後はメール等のやり取りにて、お客様からのご相談にアドバイザーがお応えします。

- M&Aについて ー

Q. M&Aにはどのような手法がありますか?

A.

代表的な手法は、「株式譲渡」と「事業譲渡」の2つです。その他にも様々な手法がありますが、それぞれに長所・短所があるため、専門家に相談して決めるのをおすすめします。

Q. 一部の事業のみの譲渡・譲受けは可能でしょうか?

A.

はい、事業譲渡や会社分割など、適切な手法を選ぶことによって一部の事業のみの譲渡・譲受けが可能です。各手法には長所・短所があるため、お客様の要望に合わせて適切な手法をご提案します。

Q. M&Aにはどれぐらいの期間がかかりますか?

A.

半年から1年程度かかるのが一般的ですが、小規模なM&Aの場合は数週間〜数ヶ月で成約に至るケースもあります。

- 企業価値について ー

Q. 自社/対象会社の企業価値を知りたいのですが、評価だけでもお願いできますか?

A.

はい、可能です。アドバイザーにご相談いただくこともできますし、数値を入力するだけでその場で大まかな価値が分かる無料簡易シミュレーションもございますので、ぜひご活用ください。

Q. 自社/対象会社の譲渡価額はどのように決まるのですか?

A.

最終的な譲渡価額は、売り手と買い手の交渉によって決まります。売り手が希望する条件と引き換えに価額を引き下げることもあれば、買い手がシナジーを見込んで価額を引き上げることもあります。一方、目安となる理論的な価額については、中小規模のM&Aの場合はマルチプル法や年買法を用いて算出されるのが一般的です。

- 譲渡を検討中のお客様 ー

Q. 事業承継にはどのような手法がありますか?

A.

誰に承継するかという観点から、主に「親族内承継」「従業員承継」「第三者承継(M&A)」の3つの選択肢があります。また、それぞれの承継方法について、株式は承継するか、あるいは経営は承継するかという観点によってさらに細分化することができます。

Q. 従業員承継のメリットとデメリットを教えてください。

A.

社内のメンバーが経営を承継することで、従来の経営スタイルや企業文化を維持しやすいというメリットがあります。一方、従業員から経営者へと立場が変わることへの抵抗からなかなか引き受けてくれない、引き受けてくれたとしても株式を承継するための資金を確保することができないなどのハードルもあります。

Q. 廃業とM&Aで悩んでいます。どちらを選択するべきでしょうか?

A.

M&Aの検討をおすすめします。M&Aによって事業を存続させることで、従業員やその家族の生活、今まで培ってきた技術を守ることができ、取引先にも迷惑がかかりません。また、廃業する場合に比べ、M&Aの方がオーナーの手取金額が大きくなる可能性があります。

Q. 規模が小さくてもM&Aは可能ですか?

A.

企業規模に関わらず、貴社の事業内容に魅力を見出す買い手を見つけることができれば、M&Aは十分に可能です。

Q. M&Aの相談の際に必要な資料はありますか?

A.

必要な資料はありませんので、お気軽にご相談ください。貴社の事業内容が分かるパンフレットや過去3期分の決算書があれば、より具体的なアドバイスをすることが可能です。

Q. 会社を譲渡した後も社名を残すことはできますか?

A.

交渉条件の1つになりますが、残すことも可能です。

Q. 従業員や取引先を引き継ぐことは可能ですか?

A.

交渉条件の1つとなります。例えば、買い手が一部の従業員の引継に難色を示している場合でも、他の条件を譲歩・調整することで、引継を実現する余地はあります。

Q. M&Aを機に個人保証を解除することはできますか?

A.

交渉条件の1つとなりますが、保証を解除するのが前提となります。

Q. 会社を譲渡した後、経営者はどうなりますか?

A.

買い手次第ではありますが、一般的には買い手が経営者になる/経営人材を派遣しますが、場合によっては売り手が一定期間経営を継続するケースもあります。

Q. 株が分散しているのですが、M&Aはできますか?

A.

買い手の意向次第ではありますが、一定数以上の株式を集約できるとすれば、M&Aは可能です。

Q. 一方的に条件を決められてしまうことはないですか?

A.

M&Aの条件は交渉で決まりますが、それぞれ立場の強弱があるのは事実です。SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)のアドバイザーが、双方が納得できる条件となるようサポートします。

Q. 従業員には、いつM&Aを行うことを伝えればいいですか?

A.

クロージング(資金決済・取引実行)後にお伝えするのがベストです。クロージング前に従業員に伝えた場合、従業員の不安や混乱を招き、M&Aの取引進行に悪影響となるリスクがあります。

Q. 自社の譲渡価額を高めるためには、どうしたらよいですか?

A.

日々自社の企業価値・株式価値を高めるべく努力いただくのに加え、専門知識を持ったアドバイザーが関与することで、不当な安値売りを避け、より適切な価格での売却可能性が高まります。

- 譲受けを検討中のお客様 ー

Q. M&Aが初めての場合でも相談できますか?

A.

はい、安心してご相談ください。SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)では、豊富な実務経験を積んだM&Aアドバイザーが手続きの進め方や交渉のポイントなどを丁寧にサポートいたします。

Q. 個人でもM&Aで会社や事業を買収することは可能ですか?

A.

はい、可能です。ただし、M&Aはリスクも伴うため、信頼できる専門家のサポートを受けることをおすすめします。

COMPANY会社概要